TOP

ぶくろマルシェ

  • TOP
  • NEWS
  • ぶくろマルシェとは
  • 出店者紹介
  • 開催スケジュール
  • 出店者募集

NEWS

ぶくろマルシェ #10 開催のご案内

2016/11/27 Sun

15225228_1166854096726659_2125648439_o

今回は豊島区主催のふくし健康まつりの中での開催です。

体の健康には作り手の思いのこもったおいしい野菜や材料にこだわった加工品。

こころの健康には素敵なものに出会うワクワクとお店の方との会話を。

わたしたちも、豊島区のみなさんの健康づくりのちょっとしたお手伝いができればと思っています。

 

▶︎出店者募集中
  ぶくろマルシェにはこだわりの野菜やお米、お茶やフルーツなどを育てている農家さん、各種雑貨や飲食物を販売しているプロの方々をはじめ、ご自身で手作りのアクセサリーや雑貨を作っている主婦の方がブースをシェアして出店するなど、池袋らしく多種多様な方に出店いただいています。テントやテーブル、黒板ワイン箱なども貸し出ししておりますので、なるべく身軽に挑戦いただければと思います。

http://bukuro-marche.com/recruitment/

開催日アイコン開催日 12/4sun 10:00-16:00


ぶくろマルシェ#9レポート

2016/11/18 Fri

初めまして。11月12日にぶくろマルシェのリーダーを務めた清水と、13日のリーダーを務めた小澤です。今回のぶくろマルシェは、両日ともにお天気に恵まれました。 ぽかぽかと温かく、青空ものぞき、マルシェ日和!な2日間。陽気に誘われてついつい、のんびりお買い物をしたお客さんも多かったようで、どのお店もたいへん賑わっていました!

 ぶくろマルシェは暮らしを豊かにするものをたくさん販売しています。ということで、私たちリーダーが特に気になったお店をピックアップさせていただきます。

 

清水PICK UP!

「こめ、つくります。」さん

今回の目玉の商品はなんといっても、「魚沼産コシヒカリ」!販売している多田さんは、新潟県魚沼市のお米農家さんで、今回はできたての新米をぶくろマルシェに届けてくれました。笑顔が素敵な「こめ、つくります」さん。ぶくろマルシェにも以前何度か出店していまして、ファンも増えてきています。この日もご家族のファンが店舗まで駆けつけてくれたみたいで、それを聞いた運営スタッフも心が温かくなりました。 私も新米を購入させていただいて、家で食べてみたのですが、もちもちで粘り気があって味もとてもおいしかったです!また新しくもち米も作ったらしく、おいしいお米をお餅としても味わえるようになっています。 また次回12/4(日)に行われる池袋グリーン大通りでのぶくろマルシェにもお米を持って参加してくださる予定なので、気になった方はぜひマルシェに来てみてはいかがでしょうか。

15064067_886343831501066_495893894_o15126217_886344881500961_322467015_o

小澤PICK UP!

「Yummy Sommy」さん。

ベビー&キッズサイズのハンドメイドの帽子を扱うお店です。今回は大人サイズも一緒に並んでおり、ベビー用の帽子とはまた違う、少し落ち着いた色味のものもありました。遊びごごろのきいたシルエットがとてもかわいく、これからの季節のちょっとしたファッションアクセントにぴったりの帽子です。毛糸も、あたたかく、肌触りの良い素材を使っているそうです。大人用の帽子はたくさんあるけど、ベビー用のものはなかなかない…ということでこの仕事を始められたとのこと。スタッフ陣は、ベビーサイズの帽子はいくらかわいくてももう見ることしかできませんが…見るだけでも大変癒されておりました。このYummy Sommyさん、購入すると商品を入れてくださる紙袋にもすてきなデザインが。気になる方は、ぜひ次回のマルシェで見つけてみてください。

15025511_10202279607627112_5519490078129287417_o

たくさんの人がマルシェに立ち寄ってくださり、商品を買って持って帰る人もいれば、フライヤーをもらっていく人、出店者と話した後に笑顔を持って帰る人も。楽しそうに時間を過ごしている人がたくさんいて、運営側としてもとっても楽しいマルシェでした。

10月、11月は連続でマルシェが続き、寒い日もあれば暖かい日もありました。日没はどんどん早くなり、出店者の農家の野菜は一気に冬野菜に。運営スタッフは季節が変わっていくのをマルシェで感じ取っています。年内の開催は、あと2回。12月も、ぶくろマルシェでお待ちしております。


ぶくろマルシェ #9

2016/11/11 Fri

ぶくろマルシェ♯9(開催日 11/12sat-11/13sun)

11/12-13の出店者が決定いたしました。

店名 11/12sat 11/13sun
へそヒーリング  
1001  
イメージ似顔絵描き
(仲鉢恵子)
 
株式会社flower shop315  
Belle Lune  
Jayne  
こめ、つくります。
そしておとどけします。
Allumette  
アルビーナアンジェラ
tiny peace kitchen  
カフェ花  
point de Japon
aima(株式会社万化)
オリーブオイル専門店
ピオニエーレ
 
Tete  
Yummy Sommy  
宮城農産
天然酵母のパンZERO  
micmam  
Tokyo Yoriko
たがやす倶楽部

ぶくろマルシェ #9 開催のご案内

2016/11/09 Wed

01_%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc11_%e5%85%a5%e7%a8%bfol_2

ぶくろマルシェ♯9の開催をお知らせいたします。

少し寒くなる季節ですので皆さん暖かい格好でお越しください。

寒い日に外でいただく暖かいドリンクは格別です。

 

▶︎出店者募集中

 ぶくろマルシェにはこだわりの野菜やお米、お茶やフルーツなどを育てている農家さん、各種雑貨や飲食物を販売しているプロの方々をはじめ、ご自身で手作りのアクセサリーや雑貨を作っている主婦の方がブースをシェアして出店するなど、池袋らしく多種多様な方に出店いただいています。テントやテーブル、黒板ワイン箱なども貸し出ししておりますので、なるべく身軽に挑戦いただければと思います。

開催日アイコン開催日 11/12sat-11/13sun 11:00-17:00


ぶくろマルシェ#8 4週目レポート

2016/11/07 Mon

こんにちは。10月23日、12月5日にぶくろマルシェのリーダーを務めた久保田です。

 

今回は季節的にも冬に近づいていてきており、 出店者さまもみんな、少し震えながら販売をしている姿が目立ちました。 そんな中、出店者さまと運営スタッフが お互いに「寒くない?ずっと立ちっぱなしで大丈夫?」と声を掛け合いながら 一日中一緒に過ごしたことで、さらに結束が深まったように感じました。 また、どんなに寒くても、お客さまがいったん足を止めて商品を見つめると、 すかさず「よかったら手にとって見てみてください!」「おひとつ試食どうですか?」と スマイル全開で接する出店者さまの姿を見て、 ひとりひとりのお客さまをすごく大事にしているな。。と心が温かくなりました。 生産者と購入者が直接話せる場がそこにある。 ぶくろマルシェの醍醐味を改めて実感しました。

 

ぶくろマルシェの出店者さんの良さを、もっとたくさんの方に知っていただきたい!そんなわたしががおすすめするお店を、 今回のレポートでは食品・雑貨でそれぞれ1店舗ずつご紹介したいと思います。

 

■食品部門:国産の果物を売っている八百屋です その名の通り、「国産の果物を売っている八百屋」さん。

14975853_1065085603590554_464160381_o

見た目にも綺麗で可愛いフルーツ串がとっても印象的でした。 また今回寒かったこともあり、ホットサングリアが大人気! お酒が飲めない運営スタッフ陣は、羨ましい。。と思いながらフルーツジュースを購入。 でもジュースもすごく美味しい! あまりの飲みやすさに、ラージサイズを2杯購入。 砂糖を使用していないので、フルーツの自然な甘さでとっても心地よい飲み口でした。 このお店は販売員さんの接客もすばらしく、 声をかけて立ち止まってくれなかった方にも「お気をつけて!」と声をかけていたほど。 真摯な姿勢に頭が下がります。

 

■雑貨部門:カラーズ 一風変わったタイトルの手作りアロマキャンドルを売っている雑貨屋さん。

14958085_1066411430124638_1496320009_o

「元彼の臭い」「元カノの香り」「エロ系」などなど。。 思わず「んっ?」と足を止めて見入ってしまうお客さんがたくさんいました。 特に人気があったのは、殺傷能力があるキャンドル(虫が嫌いな香りのキャンドル)。 みんなが大嫌いな、家庭にもよく出るあの虫も死んでしまうんだとか。 これはみんな手に入れたくなるに違いありません。 そんな中、運営スタッフの久保田が購入したのは、販売員さんが手作りしたラブリーな手提げ袋。 普段使いしやすいサイズ感覚と可愛らしい飾り付けが気に入り、職場用と自宅用に2点購入。 親しみやすいキャラクターの販売員さんで、つい何度もお店の前に立ち寄ってしまいました。

 

このように、魅力的なお店がたくさん出店しているぶくろマルシェ。 今後の目標としては、今回、出店者さまの目標店舗数に達しなかったので、 これからもっと出店していただけるお店さまを増やして、 お祭りのように賑やかなマルシェにしていけたらいいなと思います。


ぶくろマルシェ #8 4週目出店者発表

2016/11/05 Sat

ぶくろマルシェ♯8(開催日 10/14fri-11/4sun)

11/5-6の出店者が決定いたしました。

店名 11/5sat 11/5sun
自由学園生活工芸研究所
めりのぱっち  
オリーブオイル専門店ピオニエーレ  
葉祐 -Hasuke-  
accou  
イメージ似顔絵描き(仲鉢恵子)  
mokurendo.ricoRICO.mwezi  
mokurendo.ricoRICO.mwezi.MUM.Natural Handmade Leather  
工房 森のいきものたち
国産の果物を売っている八百屋です
N-Rus Trade  
Rimiy
天然酵母パンZero  
たがやす倶楽部
熊野家
happah
チャリバリー
カラーズ
和-NAGOMI-  
ArtWarkBaddys
1001  
わくラボ  

ぶくろマルシェ#8 3週目レポート

2016/11/04 Fri

ぶくろマルシェ広報ディレクターのまがまりこです。ぶくろマルシェ#8も佳境を迎えた3週目。今週の目玉はなんといってもハロウィンです!グリーン大通りには可愛いオバケたちが出現いたしました。10/30(日)限定!GAM主催ハロウィンイベント『おばけの会社』が行われたのです。

img_9037

この企画は、子供たちがハロウィンの1日だけ架空の会社「おばけの会社」に入社し、与えられた「お仕事」をクリアすることでぶくろマルシェで使うことができる通貨をもらえるという企画。集まったおばけたちの元気なこと!!

img_9110

「営業」は道行く人に「ハッピーハロウィン!」と声をかけて、お菓子を配ります。みんなでせーので「ハッピーハロウィン!」と声出しをする様は、接客業の朝礼のよう!!「営業」のみんな、頑張ってお菓子を配りきりました。

img_9048

「経理」のみんなは、もらって嬉しい給料袋をデコレーション(え、今時給料は振込みですって?野暮野暮。)はじめましての輪の中に混ざれない子がいたり、おともだちと離れることが嫌で泣いちゃう子もいたけれど、お仕事が始まると真剣モード。素敵な給料袋ができましたね。

img_9217

さて、初めて自分で稼いだお給料で子供たちがお買い物。ぶくろマルシェの出店者たちも、お給料の中で買えるものを用意して子供たちを待っていました。中にはお小遣いを足してほしいものを買う子まで!!img_9251

自分たちの力でお金を稼ぐって大変だけど、稼いだお金で手に入れたものは宝物になるんじゃないかな。いつもと違う企画が、ちょっと不思議なこどもたちの挑戦と町中でのサプライズを生んだ1日でした。

img_9227


トップへ戻る